演劇

「伝える力」の身につけ方

Doe, a deer, a female deer♪

「伝える力」はどうやって身につける?

前回、「伝える力」って生きていく上でとても大切で、学校教育でも今「伝える力」の育成に力を入れているんですよ、という話をしました。そして、「伝える力」は一日やそこらで身につくものでは無い、とも。では、子どもの時から「伝える力」を鍛えるにはどうしたらよいのでしょうか??

大事なことは3つあります。
チェックまず一つ目は、自分の伝えたいことを自分でしっかりと理解すること。
チェック二つ目は、それをどうすれば相手にうまく伝えられるか、自分なりに考えること。
チェック三つめは、それを言葉や文章、表情やジェスチャーで伝えていく練習を何度も何度も繰り返すこと。

はじめは、うまくいかないこともあるでしょう。子どもが人前で発言するには、勇気もいることでしょう。それでもやはり「伝える力」を身につけるには、日々の積み重ねがとても大事なことなのです。

作品をみんなで作り上げることで「伝える力」を育む

OTOIC AMICO(オトイックアミーコ)小中学生クラスでは、1年かけて一つの舞台を作り上げます。自分の役の気持ちをしっかり理解し、どう表現すればその気持ちを観客のみなさんに届けることができるのか考え、それを何度も何度もOTOICメンバー達の前で練習していきます。ただ単に、セリフを棒読みしたり、先生に言われたままに表現するだけでは、相手に想いを伝えたり、感動させたり、心を動かすことはできないのです。そして、OTOICのそれはすべて「伝える力」へとつながっていきます!
さて、次回は、「伝える力」と「英語」についてお話します。
お楽しみに!

関連記事

  1. 黙って待つ 「言い出しっぺ」力
  2. 時間割 5/28(sat)OTOICワークショップ・タイムスケジュール
  3. 文房具 5月13日アミーコクラス レッスンレポート
  4. 握手して自己紹介! 「伝える力」が大切
  5. カーテンコール 社会人ミュージカル劇団Castalia 第二回公演レポート201…
  6. バス停 英語力とコミュニケーション力
  7. 小声でコミュニケーション amicoクラスレポート1
  8. エコレポ・オトイック記事 エコレポの取材を受けました!!

おすすめ記事

英語で即興 「大人たちよ侮るな!英語×演劇ゲームの“とっさの英語力”」 ~otoicレッスンレポート20180922~

今日のレッスンでは、買い物の際によく使われる言い回しを、歌に乗せて覚えました。所持金額や欲しい商品は、即興です。 この“即興”が、脳や体が英語に慣れていく過程をとても助けてくれます。

オトイック体験レッスンに参加

お名前 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

年齢・学年 (必須)

備考(ご質問などはこちらへご記入ください

PAGE TOP